langstat diary

路辺に倒るるに適す、はぐれ者が綴る無為の日々、あるいは狂った妄想。

2018年10月12日(金)

明洞

 朝5時に起きて、羽田に移動。桜の間で酒を呷ってから、赤い翼で金浦へ*1。2年ぶり5度目の韓国。機内では、ゲイリー・ロス監督の『オーシャンズ8』を観る。いつもは東大門あたりに泊まるのだけど、今回は用務地への移動の関係で明洞に宿泊。とりあえず、定番のセブンイレブンで換金し、明洞咸興麺屋で冷麺をすする。麺を混ぜないで食べてたら、例によって店員のおばちゃんに混ぜることを強要されたでござる。。。ワイは味の多様性が(以下略)
 食後、ホテルへ。チェックイン時間まで少し時間があったので、ロビーでMBAを開いて仕事を開始*2。チェックインしたあとは、新曲の録音を開始。勝手に観光協会風に言うと、「リョカ録」というやつね。テレビでNHKをつけていたこともあり(ほとんど耳には入らなかったけど)、海外気分はゼロ(笑)
  夕方、すぐ近くの王妃家まで食事に出たものの、道には日本人観光客がうようよいるし、韓国人の店員も普通に日本語を話す。これなら、うちの近くの中華屋は中国人だらけで、日本語がほとんど聞こえないのに。。。それはそうと、1200円の定食を注文。「さすがは観光地、東京と物価が変わらんな」と思っていたら、2人前じゃないの?という量が出てきた(韓国のお家芸とも言える、大量の小皿攻撃)。意図的に炭水化物を残した以外は、全部食べたけど*3
 結局、夜もホテルで仕事を継続。東アジア圏のホテルは、明るくて夜中も仕事しやすい。それに比べて、ヨーロッパのホテルは暗いことが多いので、小型ライトを持参しないといけない。。。(註:ホテルの部屋は寝るところであって、仕事をするところではない*4

f:id:langstat:20181012075859j:plain:w300

エサログ (2018.10.12)

  • 朝食: 明太子、サラダ、生春巻き、ご飯@ラウンジ
  • 昼食: 肉と刺身入り冷麺@明洞咸興麺屋
  • 夕食: 豚カルビ定食@王妃家
  • 飲み物: ビール、ベイリーズ、ブラックコーヒー@ラウンジ、白ワイン、緑茶@機内

*1:実は、仁川を使ったことがない。

*2:本当はもう少し遅い飛行機で来たかったのだけど、朝早いか、夜遅い飛行機しか空席がなかった。。。

*3:全部食べてはいけない、という説もあるけど。

*4:と、ドイツ人に言われたことがある、。