langstat diary

路辺に倒るるに適す、はぐれ者が綴る無為の日々、あるいは狂った妄想。

2018年10月6日(土)

Qってなんだ?

 土曜だけど、朝から出勤。部屋に監禁されて、ひたすら仕事をさせられる日。昼食は、配給された兵糧。ライザップ監修(?)の弁当だったけど、糖質と油多めだし、大して健康に良くなさそうだった。。。
 午後も、引き続き監禁。夕方、退勤。日暮里で途中下車し、気晴らしに散歩。前から気になっているローストビーフ屋やウイグル料理屋を通過*1。結局、こちらも前から気になっていたレストランQに突撃。雑居ビル(?)の2階にあって、少し入りにくい雰囲気。また、「下町の味」を自認している洋食屋というのも、ややリスキー(苦笑)。何より「Q」ってなんだ?? オバQウルトラQ、いわもとQ、、、分からん。。。思い切って店内に入ってみると、壁中にサイン色紙やら写真やらメニューやらが貼られていて、昭和の喫茶店という感じ。ただ、メニューは、ランチのような盛り合わせメニューが多数あり、800〜1000円ぐらいでいろいろと選べる模様。少し迷った挙句、Qスペシャルセット(ポークソテー、ハンバーグ、カニクリームコロッケ)を注文。これが意外と質・量ともに良くて当たり。夜11時まで開いているみたいだし、ここはアリだ。再訪決定。
 食後、少し飲んで帰ろうかと思い、レストランQから10秒くらいの距離にある三河屋本店へ。酒屋で軽く角打ちしていこうと思ったのだが、今日は早仕舞いするらしく入れず。。。仕方ないので、鶯谷駅南口の近くにある浅草弥太郎へ。2杯飲んで、串を3本食べて、840円(安っ!)。それはそうと、この店には、モツ(ナンコツやシロなど)の刺身がある。帰り際まで気がつかなかったので、ここも再訪したい。

f:id:langstat:20181006194103j:plain:w300

エサログ (2018.10.06)

*1:ローストビーフ屋は、まずはランチで試したい。ウイグル料理屋は、大皿料理がメインなので、1人だと注文しにくい。